世界水準の性能Performance

住まいと健康の深い関係performance

ヒートショックや低温による健康リスクが増加している今、「暖かい家」=高断熱住宅が求められています。

2020年の省エネ基準を
1/2以下

住宅の省エネルギー性能の最低限度の基準が定められ、新築住宅で義務化されると、基準を満たさない住宅は「既存不適合住宅」となり、将来的に資産価値が下がる可能性があります。

暖かく、光熱費を抑えられる
ZEH(ゼッチ)を国が推進

ZEHとは「ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス」の略で、簡単にいえば省エネ住宅のこと。住宅で使う年間のエネルギー消費量がおおむねゼロになることを目指すZEHの家を国が推進しており、高断熱(=暖かい)によって室内の温度差が緩和され、光熱費の軽減にもつながります。

低温による健康リスクを軽減する、
高断熱住宅の選択

高断熱住宅には、家の中が暖かくなる=健康リスクが軽減されることで健康長寿を目指す、最小の暖房で家全体が暖かくなる=室内の温度差の緩和により、更に光熱費を削減することができる等のメリットがあります。

5つの性能Point

建てるなら
「健やかに長く暮らせる暖かい家」

01寒さから家族を守る
「断熱性」

高性能32K相当グラスウール

優れた断熱性により、一年中快適な室温を保ちます。床、天井は2×10材を使用し、高性能32K相当グラスウールを230mm敷き詰めています。壁は2×6材を使用し、140mm で暖房いらずの暖かさを実現いただけます。

02自然災害から家族を守る
「耐震性」

堅牢なツーバイシックスボディ

揺れに強いツーバイフォー工法に加え、主要構造部分に2×6材を採用する事で耐震性は在来工法に比べ1.5〜2倍程度と高いです。揺れねじれを防ぐ六面体構造が地震に対して抜群の強さを発揮します。地震や台風をいった自然災害から家族を守ります。

03ランニングコストから家計を守る
「省エネ性」

圧倒的な省エネ性能

堅牢な躯体と高い住宅性能により、光熱費を含むランニングコストを軽減。高断熱・高気密住宅の性能を表すUA値(外皮平均熱貫流率)は、平成28年度住宅支援機基準値を切る圧倒的な省エネ性能を示しています。

04ヒートショックから家族を守る
「快適性」

高性能樹脂サッシ
ダブルLow-E加工複層ガラス

窓に世界トップクラスの断熱性能を備えた高性能樹脂サッシと、高い遮熱断熱性を有するダブルLow-Eプラスアルゴンガスを標準採用。断熱性を高めることで、ヒートショック等の健康リスクを軽減します。

05温度差から家族を守る
「気密性」

抜群の気密性で
室温はいつも快適

ツーバイシックスで建てられるカナディアンキャビンの*C値は1.0(値)を切る数値で家の中の空気を逃さない抜群の気密性で、冷暖房効率が高い、いつも快適な室温を維持する住まいを実現します。

*カナディアンキャビンのC値は0.492㎠/㎡ これは一般の木造住宅の約1/13、住宅支援機構基準値の約1/4です。

エネルギーパス最高ランクS+

燃費の良さと、高い住宅性能で
ライフサイクルコスト(LCC)を
大幅に軽減。
暮らし始めてからの負担が少ない!

LCCとは、新築時にかかる初期費用(イニシャルコスト)とランニングコスト(エネルギー+メンテンナス+火災/地震保険)を合わせた住まいに関わる全ての費用のこと。
「家の燃費」を評価するエネルギーパスが最高ランク「S+」だから、暮らし始めてからの出費を抑える事ができるので、光熱費を我慢せずに健康で快適な生活を送る事ができます。

セルコホームは長期優良住宅に
対応しています

長持ち&エコロジーな長期優良住宅は、税制・金利・補助金などもお得になります。