家づくりガイドBuilding guide

資金計画のご相談Financing plan

お客様ひとりひとりに合った
ライフプランを作成!

マイホーム計画の第一歩は
住宅資金計画から

後悔しないために、教育資金や
老後の生活設計など
人生設計に基づいて
ご提案します。

住宅の購入を検討する上で、一番大切なことは資金計画です。私たちはファイナンシャルプランナーによるヒアリングも含めて、お客様個々のライフプランを作成し、家を建てる時期や借入額の設定など、お客様ひとりひとりに合わせたベストな資金計画を作成しています。せっかく手に入れたマイホームを手放すようなことにはならないよう、生涯に渡ってのお付き合いを出来るようにしています。

保証・アフター
メンテナンスについて
Maintenance

永いお付き合いだからこそ
どのような保証制度に
加入しているのか
お客様が確認することが大切です。

年間100棟以上を建てている中堅の工務店やハウスメーカーの倒産も多々ある中、誰もが知っているような大手有名ハウスメーカーだからと決して安心は出来ません。 後で後悔しないためにも、その会社がどのような保証制度に加入しているのか、お客様がご自身でキチンと確認するのが最善の方法です。住宅完成保証に加入していれば、万一会社が倒産なんてことになっても、第三者機関が責任を持って完成引渡しをしてくれます。しかし残念ながら、住宅完成保証に加入している工務店・ハウスメーカーは全社の1割にしか満たず、9割あまりが加入していません。お客様の立場になって考えるような会社を選ぶのも大事な要素です。
家というのは、購入してから完成引渡しまで、そして引渡してから1年2年3年…、10年20年…、と付き合いが続いていきます。そのため、私たちはお客様目線でしっかりと考え、その先のアフターサービスも充実した内容でお届けしています。

お客様の目線で考えた
松村建設の5つの保証

01住宅完成
保証
契約をした工務店が何らかの理由で住宅の完成・引渡しができなくなった場合、「The Homeの会」が責任を持って完成・引渡し致します。

例えば…契約金額を支払ったのに倒産してしまった場合。完成を保証致します。

  • ※保証限度額:完成引渡しを前提とし、建物請負工事請負金額の90%または3,000万円のいずれか低い額までとします。
02地盤
保証
住宅引渡後10年間、不同沈下によってお住いの住宅に損害が発生した場合の修繕費を保証致します。

例えば…基礎がヒビ割れ、土壌沈下が発生し「修繕費として1,200万円かかる場合」
修繕費を保証致します。

  • ※保証限度額:5,000万円までとします。
03建築代金
支払保証
お客様が建築工事契約締結後、ローンにより最終金支払いを完了するまでの間に、死亡事故または高度障害になり、請負契約に基づく代金の支払いができなくなった場合にその残金を保証致します。

例えば…契約金額15%(約300万円)を支払い後、世帯主が交通事故で死亡した場合。残金を保証致します。

  • 例えば…契約金額15%(約300万円)を支払い後、世帯主が交通事故で死亡した場合。残金を保証致します。
04建設工事
保証
建設工事中における建築現場、資材置場での対象住宅、材料、仮設工事の目的に生じた物的損害を保証致します。

例えば…契約金額15%(約300万円)を支払い後、世帯主が交通事故で死亡した場合。残金を保証致します。

  • ※保証限度額は住宅ローン設定額までとなります。(工事請負契約書に記載の金額)
05住宅性能評価
(第3社機関)
着工から完成まで、信頼のある第3者機関[ハウスプラス住宅保証(株)]が住まいの構造や安全性などを4回検査し、その性能を公正に評価致します。そのため、ご家族が希望する性能の家づくりを叶えます。

例えば…性能評価を受けることによりマイホームの品質や安心を手に入れることができ、大きな安心を約束します。

  • ※瑕疵保証制度とセットでご利用をお願いします。